スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15日目

DSCN0514.jpg

本というものを作ってみたくて、
今回初挑戦しました。

母の短詩がとても好きなので詩集にしよう!と
始めたら 結果的に私の詩集も作ることに…
透明感のある母の詩と比べると
なんだかおどろおどろしい私の詩^^;

初なので24ページ(12句)のちょっとしたものにしました。
母の詩集→「あいをふみする」
娘の詩集→「しらゆきゆらし」
です。

中身は結構カラフル。
絵の部分は、A4サイズにこのように筆と墨汁で描いたものを
ちょん切っているので、

img135s.jpg

「あいをふみする」
「しらゆきゆらし」
「ポーのノート」
という風に3冊縦に並べると絵が繋がります。

私の詩はよくわからない(?)ので
来空(父であり詩人)にコメントを書いてもらったのを
おまけで付けました。

母の方には説明は要らないなと思ったのですが
少しだけここで紹介。

「走って走って空まで原っぱ」
  空まで原っぱになったのは精神と肉体の統一。
「ふみふみくだきあいをふみする」
  踏み踏み砕いて、愛を文する体験的真実。
「梅パチ鳥林」
「すみずみうめうぐいすをつめ」
  二句とも同類、統一化と韻を説いている。
「私をひらくと雪落ちる」
  行きが決まるのは、自らを開くこと!

形式にとらわれないこと、韻文化すること、
一文字一文字が平等であること、
心の叫びを出すこと、自分自身がびっくりすること
…を大事にしています。

このミニ詩集を手に取って、あははと笑ってもらえれば
一番うれしく思います。

「ポエムは花火。」
「ポエムは天に書く落書き。」
「ポエムはアカンボーの時から聞いてる心臓音。」
「ことばを意味だけで捉えるのではなく、
ことばからできるだけ意味を削ぎ落として、
ことばそのものに忠実になる、
そうしたときにかえってことばとことばがくっついてくる、
声調が出てくることに気づく、つまり詩に気づく。」
by来空
http://pirkashow.blog63.fc2.com/

本日5日(金)はnanoが制作日のためお休みです。
ラスト明日&明後日、終日(13時~19時半、日曜日は最終日なので17時まで)
お店にいますのでよろしくおねがいいたします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

click.jpg

http://hizuru10.blog12.fc2.com/blog-entry-416.html

在廊予定はこちらにて随時更新↓
http://hizuru10.blog12.fc2.com/blog-entry-423.html
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://hizuru10.blog12.fc2.com/tb.php/441-2cfaaffc

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

hizuru10

Author:hizuru10
12rururu@gmail.com

gohon no shiawase yubi de nigiru



イラストの無断転載・使用をお断りいたします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。